トップページへ
当社概要 理念・営業方針 探偵カウンセラー 調査種目・料金 結婚調査 素行・不倫調査
得意分野 人探し・家出人調査 カウンセリング 交渉術 内容証明・合意書 メルマガ
コラム Q&A 法律のいう離婚原因

不倫問題解決のひとつの方法として「調停」を活用される方が年々増えています。ここでは、夫婦間の調停と夫の不倫相手に慰謝料請求の申し立ての2通の「調停申し立て書」のサンプルをご案内します。ご参考下さい。

夫婦間の調停申し立ての離婚調停申立書のサンプルです。
円満解決申立書の場合でも書式は似たものです。申立の実情の部分を書き換えるといいでしょう。

拡大表示

拡大表示



夫の不倫相手に対する慰謝料支払調停申立書のサンプルです。


拡大表示
拡大表示

【備考】

調停申込書を手に入れる方法は、あなたのお近くの簡易裁判所に出かけて、受付で調停の申込みをしたい旨お伝えになると、担当の場所を教えてくれます。そこで、何々の件(夫婦調停、あるいは慰謝料請求、その他)について調停をお願いしたいので申込用紙を下さい、といえばいいのです。もらったあと、一旦自宅に持ち帰って調停申込用紙に必要事項を記入します。(その場で書き入れしても良いのですが、自宅で記入した方が落ち着いて記入できます。)

次に調停申込書提出に際してです。
夫婦間の調停又は、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する調停の場合は、申込人の「戸籍謄本」が必要です。(正式な夫婦の証として)調停申込書とあなたの「戸籍謄本」この 2 通を簡易裁判所に提出します。

申込書と戸籍謄本の提出と同時に費用が必要です。夫婦間の場合ですと 2,000 円程度で済みます。配偶者の不倫相手に慰謝料請求の場合は、慰謝料請求の金額によって違ってきます。ちなみに 300 万円以内ですと約 1 万円です。 300 万円を超えて 500 万円までですと 3 万円余り必要です。最近 2000 万円の慰謝料を請求した人の話に依りますと、約 6 万円の費用がかかった、と仰っていました。

慰謝料請求に関し、あなたと相手の住所地を管轄する裁判所が違っている場合は、相手の管轄する裁判所に調停申込書を提出します。遠方の場合郵送して下さい。

日々の生活の中で、いろいろな紛争が起こります。話し合って理解し合える相手ならいいのですが、話し合えない相手の場合もあります。又、話し合うのがイヤな相手の場合もあります。この様なとき、問題を放置せずに調停制度を利用された方が、要らざる悩みから解放されて安心です。

ちなみに慰謝料を出来るだけたくさん取りたい場合は、目に見えない悩みとか困ったことを「カタチ」にし、それを数値化する事です。その方法は各々違いますので、必要なときご相談下さい。


「気になることはまず調査」TEL 0120-10-7830 FAX0120-88-7830