トップページへ
当社概要 理念・営業方針 探偵カウンセラー 調査種目・料金 結婚調査 素行・不倫調査
得意分野 人探し・家出人調査 カウンセリング 交渉術 内容証明・合意書 メルマガ
コラム Q&A 法律のいう離婚原因


第4回
たかが不倫、されど不倫
 ◆不倫問題を解決する方法◆


前回の続きです。
不倫問題を解決する一番よい方法とは、についてお話をします。
これからのお話は、夫側が不倫を働いたのである、という条件の下にお話を進め
ます。

            ☆ ☆ ☆

夫が不倫を働いているのが分かった。
何とかしなければいけない。と、思うのが世の奥様方です。

そこで、その何とかしなければ、と思ってもなかなか名案が浮かばないのです。
それは、自分と夫の今後の関係について考えたり、夫は、どの様な気持ちで不倫
を働いているのか分からない。と、いう夫の考えを想像してみたり、不倫相手と
夫の関係はどのぐらい続いていて、どの様な事が話し合われているのか気にな
る。更に、夫の不倫相手がどの様な人かも分からない。

夫の不倫を知り、その証拠もある。何とかしたい。夫の不倫を見過ごすわけには
いかない。と、思っていても、解決に向かってどのようなことをすればいいのか、
誰に何を、どのように働きかけていいのか分からない。と、仰る女性が沢山いら
っしゃいます。

             ☆ ☆ ☆

いろいろな迷いがある中で、解決に向けた行動をなかなか起こせないのが実状
です。この問題解決に向けて一番に心しなければならないのは、自分と不倫を働
いている夫の関係を今後どの様に取り決めたいのか。どの様な関係でいたいの
かが、解決に向けた具体的行動を起こす原動力になります。
今後の夫との関係をどのように位置づけるか、です。

1、 不倫を働く夫とは離婚を希望されるのか。
2、 不倫を働く夫とは離婚を希望する。しかし、不倫を止めるのであれば
元の夫婦関係でいたい、と思われるのか。
3、 あるいは、今後のご夫婦のあり方について考えた上、結論を出す。と、いうよ
 うにお考えになるのか。

夫の不倫が確かなものである、と分かった後の解決方法はまず、妻である奥さん
の態度を決める事からすべてが始まります。
夫の不倫が妻に知れた場合、如何なる方法で解決がはかられようと、問題解決の
その主導権は妻にあります。
それではどの様に解決に向かって働きかければいいのか、を申し上げます。

            ☆ ☆ ☆  

前記の1,2,3,のいずれかの方法を選択されたとしても、不倫を働いたご主人
に、アーダコーダと自分の気持を言わないことです。グチをいわない事です。
もっと簡単に言うと不倫を働いたご主人を責めない事です。ご主人に責めを負
ってもらうのは後からでいいのです。

それでは誰にうっぷんを持って行くかというと、
夫の不倫相手の女性に不倫を働いた責めを負ってもらうのです。
夫との決着は後回しです。この原則は非常に大切です。夫の不倫相手女性と交渉
するのです。

その具体的方法は、直接会って当の女性と交渉されるのも由です。この場合の話
は、短時間で用件のみ、という事が基本原則です。話し合いの場所は、間違っても
相手女性の家とか関係先で会わない事です。中立的な場所で会う事です。そして、妻側の提出条件で合意できた場合、その証をその場でとる事です。

次に、夫の不倫相手女性の顔も見たくない。会って話し合うなんてとんでもない
事。と、お考えの奥様は、郵便を利用すればいいのです。それも相手にご自分の伝
えた内容が残る「内容証明郵便」を利用するのです。

いずれの方法も、うまくいくか、うまくいかないかの分かれ道は、奥様の信念です。
解決しなければならないのだ。と、いう思いをもち続ける事ができるかどうかで
決まります。案ずるよりも産むが安です。

☆ ☆ ☆ 

これらの方法は理性的に問題解決できる方法ですが、それにはコツがあります。
そのコツは、先に書きましたが「信念を持って当たる事」と、夫が口を挟んでき
た場合、その「夫にどのように対応する」のがベストなのか、を考えておく必要
があります。その方法は個別にご相談いただければお答えします。

☆ ☆ ☆ 

夫が不倫を働いたという事は、夫と妻、そして、夫の不倫相手女性という3人の
三角関係ができあがります。

不倫でなくても三角関係の人間関係では、誰かが誰かと親しくなると残った1
人ははじき出される形になります。この場合、はじき出される人が妻であっては
まずいのです。

それは、夫の不倫相手でなければならないのです。その事を頭に入れて問題解決
に当たられると、少々のコツが必要ですがうまくいきます。お金を使って弁護士
さんのお世話にならなくてもそれ以上の効果があります。

この不倫問題の解決方法については、個別性の問題も多く絡んできます。しか
し、前述の方法が後々の問題処理に於きましてもスムースに処理される様です。

            ☆ ☆ ☆
 
私は、不倫の証拠があるので、不倫を働いた夫から慰謝料を取って別れよう。と、
考えるよりも、不倫という問題を解決した後、夫婦で話し合って元の、結婚した
当初のお互いの思いに立ち返ってやり直す事をどなたにも進めます。既にその
時期が過ぎているご夫婦は別ですが。

そして、ほとんどの女性は、不倫を止めてくれれば別れることを考えるのを中止
する。と、仰います。夫婦でやり直すための努力をされた結果、うまく行かず、離
婚を決意されたのであればそれはそれで仕方のない事です。
不倫問題も順序立てて解決の方向に働きかけることでうまく処理できるように
思います。                                     
配偶者の不倫は早期発見早期処理が何よりです。



「気になることはまず調査」TEL 0120-10-7830 FAX0120-88-7830