トップページへ
当社概要 理念・営業方針 探偵カウンセラー 調査種目・料金 結婚調査 素行・不倫調査
得意分野 人探し・家出人調査 カウンセリング 交渉術 内容証明・合意書 メルマガ
コラム Q&A 法律のいう離婚原因


第11回
たかが不倫、されど不倫
 ◆自己顕示欲を、屈折した性の関係の中に求めた老紳士◆


この不倫調査依頼も特異なケースとして記憶に残っています。
もう10年も前のことです。
70歳を過ぎたと思われる老紳士が、いきなり当社の事務所を尋ねてこられたの
です。身なりの立派な紳士でした。

その老紳士は、お茶を差し出す間もなく、ひとつ調査を頼みたい。お願いできる
か。と、おっしゃったのでした。私は、事情をお聞きして、何かのお役に立てるよ
うでしたら、お引き受けさせていただきます。調査をしてみようと思われた事情
を、よろしければお話しいただけますか。と、お尋ねしたのでした。

その老紳士曰わく、自分は各種学校の理事長をしている。恥ずかしいことだけど、
以前、学校で事務員として働いていた、当時19歳の女性の世話をするようにな
った。世話とは、日常生活の相談事、そして、性的な関係もすべてを含む、男の立
場でいうと、自分の女にした、というお話でした。

そして、その女性と老紳士は、10数年愛人関係を続けたそうです。しかし、老紳
士は、このような愛人関係を続けるのは、当の女性にとって不幸なことだと思っ
て、真面目な男性を探して、愛人と結婚させた、と仰るのでした。

老紳士が当社に調査依頼に来られたときは、元愛人が結婚されて8年ほど経っ
ていたそうです。

依頼の主旨は、その愛人が不倫をしているのではないか。どうも気になることが
多すぎるので調べてほしい、という依頼でした。元愛人とはいえ、現在は他人の
奥様です。どの様な理由で、元愛人の生活に関心がおありなのですか、とお聞き
しました。そうすると元愛人と結婚されたご主人は、老紳士の親戚筋に当たるの
で、主人が気付く前に、事実を確認して、それとなく注意をしたい。
と、いう依頼でした。
老紳士の優しい気持ちの表れだと思って、調査を引き受けたのでした。

★ ☆ ★

老紳士曰わく、調査期間を1ヶ月と仰ったのです。しかし、私は、素行調査で1ヶ
月もする必要なはい、1週間すれば充分に事実を把握できる、と言ったのですが
老紳士は納得せず、結局2週間程度の調査期間ということで調査を引き受けた
のでした。

調査対象者である、依頼者の元愛人夫婦に子供はなかったのです。
ご主人は、午前9時から午後5時の間勤めるごく普通のサラリーマンでした。
仕事が終わるとまっすぐ帰宅する、自宅と職場を往復するだけで趣味もない真
面目な男性でした。

その奥さん(元愛人です。)は、ご主人が帰宅するまでの間、パートで働いていら
っしゃったのです。その仕事は、保険の集金業務だったのです。実は、後で分かっ
たのですが、保険の集金の仕事も、元愛人の各種学校の理事長である老紳士の紹
介だったそうです。

調査開始は、午前10時から午後4時の予定でした。
調査開始から3日を過ぎましたが、調査対象者である、老紳士の元愛人女性には
何の不審な行動も見あたりませんでした。当の女性は、集金の仕事をアルバイト
でしているので、時間的融通がきくのです。それで依頼者は不倫の可能性あり、
と見たようです。

調査を5日程終えた頃、依頼者の老紳士が当社の事務所を訪ねられたのでした。
調査を実施して5日経過しましたが、現在のところ、不審な点は見あたりません。
と、口頭で伝えたのでした。そして、今までの調査経過を時系列で報告しました。

すると、老紳士は、満足そうにうなずかれたのです。そして、実は、と依頼の本当
の目的を話し始められたのです。

★ ☆ ★

そのお話に依りますと
元愛人は自分の遠縁にあたる真面目な男性と結婚させた。しかし、結婚後も元愛
人と不倫関係は続けていた。元愛人の主人は真面目で融通が利かない上、夫婦生
活も下手。結婚後一度も満足が得られてない。と、言ってきた。私によって性の喜
びを教えられた彼女の身体は、私にしか反応しない身体になってしまったよう
だ。主人との性生活で満足得られないと言ってきたので時々会って彼女を慰め
ている、と仰るのでした。

老紳士は愛人が結婚したものの夫婦生活がうまく行っていないことを知ったの
で、人助けの意味で不倫を再開したように仰っていたのでした。

同時に、夫では満足できない元愛人女性をセックス好きな女性と見ていたので
す。自分以外の男性と不倫を行い、その男性とのセックスに女性が引き込まれる
のではないか、と考えられた上での調査依頼だったのです。

調査の途中で老紳士から、調査依頼の本当の目的のようなものを聞けた、と思っ
て更に会話を進めていると、老紳士曰わく、もし私と彼女がホテル等に行った場
合も彼女の行動を見張っていて欲しい、と仰るのです。通常、依頼者と一緒の場
合、調査は中断して欲しいと仰るのが一般的です。その逆のことを仰ったのです。

この申し入れに対し、一応了承しました。とお答えして更に女性の行動調査を把
握し、見知らぬ男性とのプライベートな関係(不倫行為)はないものかの調査を
続行しました。

★ ☆ ★

この調査の依頼者が、再度事務所を訪ねられた2日後、女性の行動を見ていたと
ころ、午前3件ほどの集金を終えたあと、市の公共施設の駐輪場にバイクを止め
たのでした。そして、建物正面付近に出て、誰かを待っているようでした。

おおよそ、5分くらいしてこの調査の依頼者である老紳士の車が彼女の前に現
れ、助手席に彼女を乗せたのでした。(老紳士の車は予めお聞きしていました)
自分と彼女が一緒の場合でも、調査を続けるように、と老紳士からの注文でした
ので調査を続行しました。女性を助手席に乗せた老紳士は、女性がバイクを止め
た公共施設の地下駐車場に入ったのでした。当方も地下駐車場に入りました。駐
車場には空きが目立ち3分の1ほどしか駐車されていませんでした。老紳士と
女性が乗った車は、地下駐車場の角の一番暗い場所に車の前方をコンクリート
の壁に向けて駐車したのです。

当方は、その車の右斜め後方に位置する場所から老紳士と女性の乗った車と車
内の2人の様子を見ていました。車を止めて5分しても10分しても2人は車か
ら降りてこないのです。駐車場の明かりは薄暗いのです。

車から降りてこない2人を何となく不審に思って見続けていると、老紳士の車
のシートは後方に倒れているではありませんか。そして女性の姿は窓越しから
は見えないのです。その代わりと言ってはなんですが、老紳士が上着を脱ぎ、上
半身が揺れ動いているのがよく分かるのです。

車の窓越しから見ると、誰が見てもそれと分かる行為を行っているのです。この
様子はビデオに納めました。

老紳士は約50分、地下駐車場に車を止め、結婚した元愛人と性の関係を持って
いたのです。そして、その場面を見られ、ビデオに写されていることを知りなが
らです。
又、2日後、今度はラブホテルに出入りしたのでした。もちろん相手女性は元愛
人です。

★ ☆ ★

調査依頼の目的であった、結婚した元愛人女性が不倫しているのではないだろ
うか、と言うお話は全くデタラメでした。
隠された本当の目的は、男としての自分の権力、名誉、男の性的魅力を元愛人女
性に認知させることで、かろうじて自分のステータスを維持したい、できている
という錯誤の考えに陥った老人の哀れな姿だったのです。
この錯誤のものの考え方は「相手の性を収奪したい」という分裂症の一種です。
最近これに似た出来事が多発していますので紹介しました。

性は、その人の生(なま)の人間性を一番良く表しています。
社会的に信用ある人が、ハレンチ行為を働いたという報道に接するときがあり
ます。これらは生の人間的な部分を表出させた結果といえるでしょう。

尚、後日、風の便りで聞いた所に依りますと、老紳士は各種学校の理事長をお辞
めになったそうです。現実と老紳士の思考が合わなかったようです。



「気になることはまず調査」TEL 0120-10-7830 FAX0120-88-7830