トップページへ
当社概要 理念・営業方針 探偵カウンセラー 調査種目・料金 結婚調査 素行・不倫調査
得意分野 人探し・家出人調査 カウンセリング 交渉術 内容証明・合意書 メルマガ
コラム Q&A 法律のいう離婚原因


第31回
たかが不倫、されど不倫
 ◆「内容証明郵便」活用テクニックNo.3◆


ご主人の不倫相手と交わす「合意書」

前回の続きです。
ご主人の不倫の事実と事実関係が分かりました。奥様が次にする事は、ご主人の
不倫相手とご主人との交際を中止させることです。と、申し上げてきました。

ご主人の不倫を解消させるために、まず、事実に基づいて「内容証明郵便」をご
主人の不倫相手女性に送ることから始めるのでした。相手女性への申し入れは、
「不倫の中止」と「慰謝料の請求」でした。

次に「内容証明郵便」を出したあと、ご主人の不倫相手女性から、奥さんに連絡
が入った場合の対応です。対応してもいい場合は、「内容証明郵便」で申し入れ
した「不倫の中止」及び「慰謝料の支払い」に関する話し合いをしたい、という
申し入れであれば会って話し合ってもいい。しかし、それ以外でちょっと会って
話したい、等々というようなものには対応しないことでした。「内容証明郵便」
の通りにさせてもらいます。と、応えればいいのでした。

             ★ ☆ ★

今回は「不倫の中止」及び「慰謝料の請求」に関して話し合いたい、という申し
出がご主人の不倫相手女性からあった場合、その女性と交わす「合意書」の内容
について書きます。

「合意書」はおおむね抽象的な文言になります。従いまして、「交際の中止」を
「約束する文言」は、具体的に書いておく必要があります。そうでないと、再び復
活する確率が高いのです。その時の言い訳は、偶然の再開を言い訳にします。そ
れを避けるためにも、ご主人と不倫関係にあった女性の再度の交際を防ぐ意味
で「交際中止の合意書」の、交際再開における約束違反の文言は具体的に書いて
おいた方がいいようです。

             ★ ☆ ★

ご主人の不倫相手と会って話し合った結果、ご主人との「交際の中止」を約束し
た場合の「合意書」の見本を書いておきます。

合意書

 ○○○○(以下、甲という。) と、×××× (以下、乙という。)との間にお
いて、本日、次のとおり示談した。

             合意事項
1,乙は甲に対し、従来乙が甲の夫である「△△△△」と交際して、男女の関係
 を継続していた事に関し、心より謝罪した。
2,乙は、甲の夫である「△△△△」との交際の一切を断つと同時に、本日より
 連絡の一切を取らないことを約束した。
(1)連絡の一切を断つということは、電話、携帯電話、手紙、伝言、メール他者の
 媒介などの手段の全てを含む連絡方法のことである。
(2)連絡の一切を断つということは、乙の方から甲の夫「△△△△」に連絡を
 しないのはもちろん、甲の夫「△△△△」の方から連絡があった場合も、それ
 に対応しない事とした。
3,万一、乙が、甲との約束を破り、秘かに甲の夫「△△△△」と連絡を取り合っ 
 たり、交際を継続していることが発覚した場合、乙は、甲の如何なる申し出に
 対しても、争うことなく無条件で甲の申し出を受け入れる事とする。
4,甲、乙は、この示談によって一切解決した事を確認し、甲は、今後乙に対して
 何らの請求もしない。
 以上の合意の証として、本合意書○通を作成し、甲乙及び立会人において各1
 通を所持するものとする。
         平成  年  月  日
 (甲)住所  
   氏名                      印
(乙)住所  
   氏名                        印
   立会人 
   氏名                           印

             ★ ☆ ★

 以上の「合意書」はあくまでも「交際の中止」を主眼に置いたものですので、
「慰謝料請求」の件は、省略しました。慰謝料の件も「合意書」に記載する場合
は、慰謝料と書かずに「解決金」として、その金額と合意した旨を書き入れれば
いいでしょう。

「合意書」の通り双方で合意が成立して、署名・捺印を終えた後、お近くの「公
証役場」に出かけられて「合意書」に「確定日付印」を押してもらわれるとい
いでしょう。後日、この件で問題が発生した場合、非常に役立ちます。

前記の「合意書」には立会人の住所・氏名の記入欄を設けていますが、立会人は
省略しても差しつかえありません。

ご主人の不倫相手と話し合われる場合は、この様な「合意書」を「事前」に準備
されて話し合いに臨まれるのが賢明だと思います。余計なことを相手の女性か
ら聞かれたり聞くことをせず、淡々と話を進められるからです。

「合意書」を準備して話し合ったものの、物別れになる場合もあります。
その場合は、「調停」で話し合われるのがいいでしょう。「調停」の場合でも、
「交際の中止」と「連絡を取らない」、という具体的項目について相手が約束す
るように、調停委員に申し出られることです。

そして、万一違反した場合のペナルティは相当の違約金を支払うように「調停成
立時の謄本」に書き入れてもらうようにされると安心です。(裁判ではこれがで
きません。)

これらのことは、ご主人の不倫問題を解決する一つの手段です。直接はご主人の
不倫問題ですが、夫婦の問題でもあります。夫婦の一方が当事者になって、解決
されなければならない問題がある場合、当事者でない一方の夫婦が解決の行動
を起こさなければ問題は解決しません。

家庭の中の夫婦の問題解決はまず、家の外の要らざる厄介者、不倫問題でいいま
すと、ご主人の不倫相手です。この家の外の人間によって持ち込まれた問題を解
決しなければ、家の中の夫婦の問題も解決できないのです。

このことを肝に銘じて、不倫解決に対応してください。面倒がらずにです。手順
通り事を進めると案ずるよりも産むが易しです。

             ★ ☆ ★

次回はメールでご質問がありました、不倫相手男性の奥さんから「内容証明郵
便」を受け取ったが、どの様に対応すればいいか、というご質問をいただきまし
たので、その対応方法について書きます。



「気になることはまず調査」TEL 0120-10-7830 FAX0120-88-7830