トップページへ
当社概要 理念・営業方針 探偵カウンセラー 調査種目・料金 結婚調査 素行・不倫調査
得意分野 人探し・家出人調査 カウンセリング 交渉術 内容証明・合意書 メルマガ
コラム Q&A 法律のいう離婚原因

不倫調査編離婚編
Q1. 実際に調査を依頼する前に相談に乗っていただいた段階で、すでに費用は発生しますか?(弁護士さんの相談費用のように)
A1.

相談の時点では、費用は発生しません。 私どもは、ご相談いただいた内容について口外することもなければ、無理に調査を勧めたりもしません。ご相談の時点でプライバシーにかかわる事を根ほり葉ほりお聞きすることもありません。 あくまでもご相談者のお話しをお聞きして、問題解決の方法を提案する、という立場でご相談を承っています。
ご相談のみで問題解決が可能になる場合もあります。又、調査をして事実確認をした上で解決策を講じなければならない場合もあります。いずれにしましても、調査に関するご相談は無料です。

又、調査依頼が初めての方は凡そ次のことが気がかりでは、と考えています。
1. 調査費用の問題
2. 調査の効果の問題
3. 調査結果の信頼性の問題
4. プライバシーの問題
5. 調査会社の信頼度の問題

中でも一番重要なのは、1と2のいわゆる「費用対効果」の問題だと考えます。
ご依頼者には、以上のような凡その判断基準があることを考慮し、相談を受けたからといって料金は頂いておりません。
当社は、調査ご依頼の趣旨に基づき、費用をできるだけ抑えた調査方法を提案しています。

Q2. 調査にかかる費用次第で依頼するかどうかを決めたいのですが、事前に正確な費用見積もりは可能ですか?また、実際に支払う段階において、その見積もりよりも高額なものを請求されませんか?
A2. 当社では各種調査の料金体系を作成しています。

この料金体系の基は、日本の勤労者の一人当たりの売上平均を基準にしたものです。さらに、それから25%引いたものを当社の料金体系の基本にしています。
ご相談時に、ご依頼の調査に関する料金と調査日数をお知らせします。それ以外の料金は一切いただいておりません。
ご依頼の際に契約書を交わしますので、ご安心ください。

Q3. 調査結果の信頼性 はどのように証明できるのでしょうか?
A3. 当社は、どのような簡単な調査項目でも必ず「報告書」を作成し、ご依頼者にお渡ししています。

報告書に書かれている内容は、もちろん、事実確認をとったものです。
報告書の内容が事実か作り事かは、まず、具体性があるかどうかで判断していただけるものと思われます。 報告内容が具体的で、調査結果に至った理由、根拠が事実に基づいて論理的に説明されているかどうかです。
次に、調査の種類にもよりますが、報告書と共に事実を伝える方法として、映像、音声などの資料が添えられているかどうかも重要です。
報告書に登場する人物の行動が、場所、時間などが具体的に記載され、かつ読み手にイメージが浮かぶかどうかで報告書の信頼性が問われます。
調査業は一種の情報産業です。情報を必要な人に提供しています。情報は通常、目に見えません。報告書は目に見えない情報を具体的に目に見える形にしたものです。
目で見て触ってみることができる報告書という商品の内容がお粗末であれば、調査結果の信頼度も問題になります。
調査結果が信用できるかどうかは、調査報告書で判断できます。

Q4.

実際に調査依頼から調査報告までの過程はどのようになっていますか?
A4. 進行過程は通常以下の通りとなっています。

1. ご依頼者にどのようなことを調査するのか、ということをお尋ねすることから始まります。
2. できれば調査結果をどのように役立てられたいかをおうかがいさせていただきます。
3. ご依頼の調査に関する調査料金を、料金表に基づき、ご説明させていただきます。
4. 調査日数と報告書のお渡しができる日を決定します。

以上の事項について了解いただけた後、契約書を交わします。

調査終了時点で、ご依頼者にその旨連絡します。同時に報告書と調査料金の受け渡し日時を決めます。
報告書をお渡しした後、もし疑問点および不審な点に関するご質問があれば、いつでもお答えさせていただく旨を伝えて、1件完了です。


Q5. 調査後の相談は可能ですか?
A5.

もちろんです。調査結果に責任を持ち、ご依頼者の解決されなければならない問題が解決するまでご一緒に、ひとつずつ解決していく。というのが、私どもの基本姿勢です。中には、調査は地元の調査会社に頼まれ、その後の処理の方法と対応策のお問い合わせをメールでたくさん頂いています。
最後まで責任を持つ、というのが私どもの基本姿勢でもあります。


Q6. 興信所に出入りしている事実を人に知られたくないのですが、電話やEmailだけでの調査依頼、結果報告受理、支払いなど可能ですか?
A6.

可能です。

ほとんどの人がお仕事を持っていらっしゃるため、調査会社に出向く時間が取れない方も多いのです。そのような方々のために電話、 Fax 、 Email などでの調査依頼を承っております。また、当社の方からお客様ご指定の場所までお伺いして、お話をおうかがいする方法もあります。

いずれの場合でも、来社していただいて、お話をうかがい、料金の説明、調査日数のご相談、報告書の受け渡しなどについてお知らせした内容と変りありません。情報の時代です。何らかの方法で調査依頼事項をお伝えいただければ調査は可能です。

報告書をお渡しする方法は、ご依頼者の自宅に郵送する、勤務先に郵送する、または、ご家族に調査のことが知れると困るとおっしゃる方には、お近くの郵便局留めでお送りします。調査料金は、後日銀行振込していただければ幸いです。

「 100% お客様であるご依頼者の立場に立つ。」これが当社の社是ですのでご安心ください。

相談コーナー調査の窓
「気になることはまず調査」 TEL 0120-10-7830 FAX 0120-88-7830
不倫調査編 離婚編